ありがとうございます


☆極秘☆

keyword 123456789
   
☆ 研究 事務所 ☆


Key word

Tweet















JAPAN



アクセスカウンター

keyword 自己効力感,下方比較,故事諺名言,蓼食う虫も好き好き,薊の花も一盛り,割れ鍋に綴じ蓋,空き樽は音が高い,巧言令鮮き仁,悪妻は百年の不作, 悪妻は百年の不作とは、悪い妻を持つと自分が一生不幸になるだけでなく、子孫にまで影響を及ぼすということ。 妻の良し悪しが、夫の仕事面や社会面にも、非常に大きな影響を与えるからです。良妻賢母になれる女性が、男性からすると理想的です。 どれほど自らを磨こうとも、男性はつまらない女性に引っかかったばかりに人生を踏み外したり、思いっきり足を引っ張られる恐れがあることを忘れてはならない。 おかま爺さんオカマ野郎の類語、関連語、連想される言葉,弱い犬ほどよく吠える, 連想類語辞典, 女々しい,気概のない,頼りない,小人,チキン野郎,俗物,内弁慶,自信がない,腹が据わらない,臆病者,小心者,軟弱な,意気地なし,小者,怖がり  ,オカマ野郎,自分に自信がない,,びくびくする,柔弱な,間抜けた,卑怯者,腑抜け,器が小さい,堅実派,腰抜け,つまらない男,ビビリ,スケールの小さい人物, さえない,ひ弱な,臆病,小人物,つまらない人物,,弱虫,へたれ,惰弱な,度胸のない,へたれ,無気力な.心の貧しい人間,うだつが上がらない,周りを気にする,強烈ゲロぶす婆ぁが突然発狂して暴言を連発したのが最大の理由である!, 何故突然ヒステリーが発症し無関係な此方にぶつけてきたのか不明です!!, ,とっちゃん坊や,お嬢ちゃん おばちゃん『とっちゃんぼうや』の解説, 父ちゃん(とっちゃん・とっつぁん)、つまり実年齢は立派な大人だが、坊やのように子供っぽさを残す男性を意味する。 この場合の子供っぽさとは思慮・分別のない幼稚なこと、行動・言葉使い・仕草といった当人の意識次第で大人として振る舞える部分の幼稚っぽさ、更に童顔など容貌の子供っぽさをさす。.弱い犬ほどよく吠える,「弱い犬ほどよく吠える」の意味は、心が弱い人間ほど、強がった態度をとり、むやみに怒ったり威張ったりすることです。, 技術力最高.株式会社 協和会 株式会社 大久保(あおば治療院)小倉公夫 代表取締役. あん摩マッサージ指圧師. 住所 東京都千代田区神田須田町2-6-2 セントラルプラザ神田501号,23区内契約ホテル出張マッサージ あおば治療院, 弱い犬ほどよく吠える座敷犬,弱い犬ほどよく吠える座敷犬,チワワ,ポメラニアン,マルチーズ,トイプードル,吠えるなキャンキャン煩い, 劣等感とは, 他人より自分は劣るという感情」を意味します。自分ひとりではなく、比べる他人が存在してはじめて生まれる感情です, 日常的な意味では、自分自身が他人に比較して精神的、身体的になんらかの欠点をもち、無価値な存在であるという、意識的あるいは無意識的な感情傾向のことをいう。 アドラーによってつくられた用語で、個人心理学の中核をなす概念であるが、彼は、他人に比較して劣っているということより、劣っているものを補い完全なものにしようとする傾向のことを強調する。 陰口悪口とは, その人のいない所で、その人の悪口を言うこと。また、その悪口。陰言。かくれごと。 人間は、他人と自分を比べたときに自分が優れていると「優越感」を抱きます。その逆に、自分が劣っていると感じたときに「劣等感」を抱きます。 劣等感は強烈なネガティブ感情なので、それを何とか払拭したいという衝動にかられる。それを、悪口や誹謗中傷という形で発露したくなるのです。 悪口や誹謗中傷を言うことで、相手をおとしめることができます。自分対相手との比較において、相手を引きずり下ろすことによって、 自分の価値を相対的に高めることができる。それによって、内なる劣等感を緩和しようという心理が働いてしまうのです。 「自己肯定感」という言葉をよく耳にしますが、自己肯定感が低い人ほど自分に自信が持てません。そういう人は、自分対相手との比較において、 自分が劣っていると感じやすい傾向があります。だから、実は自己肯定感の低い人ほど悪口を言う傾向にあるのです。悪口は「依存症」である, 誰かの悪口を言うと、やる気や快楽に関与するホルモン「ドーパミン」が放出されます。ドーパミンが出ると楽しい気分になります。だから、悪口を言うことは基本的に楽しいことなのです。 しかし、ドーパミンはよくばりな脳内物質でもあり、一度放出されると「より大きな刺激」を求めるようになります。つまり、悪口の回数を増やしたり、より過激な悪口を言わないと、 新たにドーパミンが出ず、楽しい気分になれなくなってしまうのです。 結果、悪口を言うことが癖になって、なかなかそれを改善しづらい状態に陥ります。悪口を言えば言うほど深みにはまってしまう。これはアルコール依存症や、薬物依存症と同じ原理です。 かくして「悪口は依存症」と言っても、遜色ないのです。 多くの人は、悪口は「ストレス発散になる」と思っているでしょうが、実際は逆です。悪口はストレスを増やします。最悪の場合、脳を傷つけ、寿命を縮める危険性もあります。 悪口を言う人ほど「不幸になる」科学的根拠,楽しいのは一瞬だけ「人を呪わば穴二つ」,悪口を言うと、ストレスホルモンであるコルチゾールが分泌されます。 コルチゾールというのは、ストレスを感じたときに放出されるホルモン。先ほどドーパミンが放出されると言ったので快楽を得ていると思いきや、悪口を言っているときは同時にストレスも感じているのです。 悪口(わるくち、わるぐち)とは、他人のことを悪くいうこと、貶すこと、悪態をつくこと[1]。古語の悪口(あっこう)は、言葉によって他人の名誉などを傷つける行為、 もしくはそれによって成立する犯罪で、中世の日本では規制された。 あげまん女性の特徴, パートナーである男性の運気を上げる女性のことをあげまんと言います。あげまんの語源は諸説ありますが、あげまんの「あげ」が「運気を上げる」のあげであり、あげまんの「まん」は「間」からきているという説が有力です。 あげまんの語源には「あげまんのまんは女性器」という説もあります 対義語として「さげまん」という言葉もあります。言葉の通り、男性の運気を下げて不幸にする女性を「さげまん」と表現します。 あげまんとさげまんの違いは、パートナーである男性の行く末だけではなく、女性個人にも大きな違いが見られます。あげまんはパートナーの幸せを願うと同時に、自分の力で自分を幸せにできます。あげまんのパートナーになった男性は、幸福感とやる気に満たされ、幸せの相乗効果で運気がグッと上がるのです。 やせ型よりぽっちゃり型,, モデルのような体形の人より、ぽっちゃりした人の方が男性の運気をあげます。太りたくないと色々と制限をしすぎてしまうのは、もはや心の病といっても過言ではありません。男性が活躍する影で支えるあげまんは、やせ型よりぽっちゃりしている人が多いのも特徴です。 目と口元がポイント, おしゃべりを連想させる大きな口より、余計ない事を発しない小さい口元をした女性はあげまんです。薄い唇をした人は、おしゃべりででしゃばりな人だと言われています。 口が大きい女性は、男性の運気を食べてしまうともいわれているので、おちょぼ口の方があげまんだといえます。また、口の両端が下がっている人も運気を下げるといわれています。目も小さいより大きい方が男性の運気をあげます。たれ目やつり目は運勢を下げます。 情緒が安定している, 情緒が安定しているというのも、あげまん女性の特徴であり共通点です。疲れやストレスへの耐性が強く、ちょっとしたことで不機嫌になることはありません。もちろん、喜びや悲しみの感情はあるけれど、それに振り回されて取り乱すことがないのです。 だから、パートナーの男性は、大きな安心感があります。プライベートで安心感があると、仕事に専念でき、パートナーの男性は仕事でも良い結果を出せるようになるのです。 ポジティブ思考, あげまん女性はとってもポジティブ思考。困難にぶつかっても絶望せず、「なんとかなる!」と前を向いて立ち向かえます。また、ポジティブ思考のあげまんは、前向きで明るく元気な発言が多いのも共通点です。 言葉には力があり、いつもポジティブな言葉を聞いている男性は、無意識の内に「きっと上手くいく」とポジティブ思考が伝染します。そして、簡単には諦めない強い精神力を身につけていくのです。 努力家, あげまん女性は努力家です。自分の幸せのための努力はもちろん、大切なパートナーの男性のためにも精一杯努力できます。お互いのことを考え、もっと幸せになるための努力を惜しまないのです。 また、女性として美しくあるための努力もするため、パートナーの男性は、末永くあげまん女性にときめきを感じられます。「素敵な女性と一緒にいられる幸福感」は、男性のやる気に繋がります。 謙虚, 行動力があり努力家のあげまん女性は、実力も兼ね備えています。だけど、それをひけらかさず謙虚な気持ちを持っているのが特徴です。謙遜ではなく、「上には上がいる」と理解し、人によって持っている能力は違うこともわかっています。 だから、奢り高ぶることがなく、いつでも謙虚でいられるのです。実力のある女性は男性から敬遠されがちですが、あげまん女性は謙虚なので、むしろ愛されるのです。 素直, あげまん女性はとっても素直です。人の言葉を素直に受け入れるし、自分の気持ちも素直に伝えます。普段から自分の話を素直に聞いてくれるあげまん女性には、自分の本当の気持ちを伝えらるので、コミュニケーションがスムーズです。 あげまん女性が素直だから男性も素直になり、喧嘩の少ない仲良しカップルになります。プライベートが順調な男性は、仕事や学業に専念でき、良い結果を残すのです。 笑顔が素敵, あげまん女性の最たる特徴は笑顔。あげまんは総じて笑顔が素敵な女性です。笑顔の少ないあげまんはいません。笑顔はそれだけで周囲を明るく元気にします。また、笑顔になることで、自分にも活力が生まれます。 あげまん女性は、笑顔の効能を良く理解し、常に笑顔を心がけているのです。パートナーの男性は、彼女から常に笑顔のパワーをもらって、元気でいられます。 行動力がある, 「男性の運気を上げる女性」と聞くと、裏役に徹するイメージがあるかもしれませんが、あげまん女性は行動力があります。単なるポジティブ思考なだけではなく、「上手くいく」を実現するために、自ら行動できるのです。その姿はパートナーの男性に良い刺激を与えます。 「彼女も頑張っているから自分も頑張ろう」と、男性もやる気が漲るのです。 柔軟, あげまん女性は柔軟な思考力の持ち主です。だから、あらゆる場面で臨機応変に対応でき、トラブル解決能力が高い特徴があります。自分の危機はもちろん、パートナーの危機も、持ち前の柔軟さで乗り切ります。 柔軟なあげまん女性と一緒にいる男性は、彼女に助けられることも多いでしょう。彼女の柔軟さが良いお手本となり、男性も柔軟に物事を考えられるようになります。 空気を読むのが上手, 空気を読むのが上手なのも、あげまん女性の共通点です。パートナーが多くを語らなくても、空気を読んで「どうしてほしいか」「何を言って欲しいか」がわかります。そして、それに応えることが彼のためになるなら、喜んで応じるので、男性は「彼女から理解されている」という充足感を得て、それが自信に繋がり、生活に良い影響を与えます。 さり気ない気遣いが上手, 空気を読むだけではなく、さり気ない気遣いが上手なのも、あげまん女性の共通点です。絶妙の気遣いで、パートナーの男性を癒し、アシストします。また、あげまん女性はパートナーに限らず、職場や友達関係でも気配りができます。 あげまん女性の気遣いは人を和ませるので、彼女の周囲はいつも良い雰囲気です。男性は「評判の女性を彼女にしている」という満足感と充足感を持ち、幸福度が高まります。 精神的に自立しているのがあげまん, 相手を身勝手に束縛せず、依存しない対等な関係が特徴のあげまん女性。 感情に振り回されることなく精神的に自立している大人の女性です。 男性も女性が自立していない依存体質の女性がパートナーでは不安になり、本来持っているポテンシャルを活かすことが出来ません。 アゲマン女の特徴、座敷童女子は手放すな,人間誰しも調子が出ない時、思い通りに行かない時はどうしても落ち込みやすくなります。でも、あげまん女子はどんな時も笑顔を絶やしません。「 笑う門には福来たる」という諺があるように、常にニコニコ笑顔な女性は幸運を引き寄せます。 あげまん女性は、受け身ではありません。男性からの気持ちを受け入れる器はもちろんありますが、それ以上に男性にエネルギーを与える存在です。カラッとした「好き!」を届ける爽やかで前向きな愛を持っています。彼女らは一途で、積極的な愛情を注ぐため男性に自信がついていきます。結果的に男性が仕事に集中できたり、新たなチャレンジをするエネルギーを生み出していくのではないでしょうか。男性に見返りを求めない . 男性に見返りを求めない強さを持っているのがあげまんです。好きな異性に尽くせば尽くすほど、相手からの見返りを求めてしまうのが人間の性です。それを覆すのがあげまんです。あげまんは、自分が相手にしてあげたことは綺麗サッパリ忘れるのです。逆に相手からして貰ったことは、昨日のことのように覚えているのです。だから、いつでも最上級の“ありがとう”の言葉を伝えられるのでしょう。まさにGive and TakeよりもGive and Giveの精神ですね。 あげまんに対して、付き合った男性の運気を下げてしまうと言われているのがさげまんです。 さげまんには女性本人に、男性の運気すら下げてしまうある特徴を持っています。 感謝の気持ちを持つことができない . あげまんの女性は男性を含めて周囲に感謝をしているため、周囲の人もあげまんの女性に対して「もっと助けてあげよう」と気持ちを持ちますよね。 さげまんの女性は何かされても当たり前と思ってしまいがち。素直に「ありがとう」を言えないなど、感謝の気持ちも持てないため、助けてくれる人がいなくなってしまうでしょう。周囲の好意や親切を自分から手放してしまう特徴もありますよ。 自己肯定感が低く、自信がない, さげまんの女性は、自分がやっても失敗する、うまくいかないと自信のなさから失敗や悪い結果を決めつけてしまうのです。 自己肯定感が高く、生き生きと過ごしているあげまんの女性に対して、自己肯定感が低く自信がないため、後ろ向きになってしまうのがさげまんの女性です。 自信のなさから気分が落ち込み、不満を周囲や男性にぶつけることも多いので、結果男性の運気も下げてしまうでしょう。 人の悪口や噂話が好き, さげまんの女性は、人の悪い噂や悪口を聞きつけると、「自分の方が幸せだ」と思うためにもっと多くの情報を得ようとしたり、噂を大きくしようとしたりするでしょう。 自分よりも不幸な人を見て安心したいがために、人の悪口や噂話が大好きな特徴もありますよ。 優越感に浸りたいがために、自分よりも下の立場の人を見つけたいといつでも思っています。 一緒にいると自然と元気になれる, . 本物のあげまん女性は彼氏を元気づけてあげよう、と意識して動かなくても、前向きで元気なため、ただ一緒にいるだけで周囲の人に明るさや元気を与えられるでしょう。 落ち込んでいる時でも、彼女と一緒にいるだけで元気をもらえたり、前向きになれたりするなら、アゲマン女性であるといえますね。 一方でさげまん女性はネガティブで悪口も好きなため、一緒にいると気分が悪くなってしまうこともあります。 ダメなことはしっかりと叱ることができる, アゲマンの女性は、自分にとって大切な人に対して、不利益があってはいけないと思い、色々なところに親身になって対応してくれるでしょう。 時には自分が嫌われても男性のためになればそれで良いと考え、大切な人のために改善すべき点やダメなところは本気で叱れる女性でもあります。 一方でさげまんの女性はダメなところでも目をつぶってしまい、きちんと叱れない人も多いです。 あげまん女性の唇・口元は常に柔らかい笑みを浮かべている。 女性らしさの象徴である口元を常に笑顔にすることで、表情そのものが笑顔になり、雰囲気も和らぐことができる。 そしてその唇から聞こえるのは、相手を気遣う言葉や、励まし、前向きな言葉ばかりだ。 ※体付きセックスからあげまん下げまん死にまんを判断する※ 痩せ型下付き性器尻がぺっちゃんこ性器の穴の奥行きがなく浅い陰毛が直毛なのは死にまん,酒乱淫乱女は要注意危険なさげまん女, 眼の中の白目や黒目の部分にホクロある女性も危険なさげまん死にまん女性,運気の強大な女性,高い頬骨, 行かず後家いかず‐ごけ【不嫁後家】嫁入りせずに歳を重ねた女性。 夫がなくて後家のようになっているが結婚を経験していない女性。 「女性にしては運気が強すぎて、伴侶の男性を剋してしまう」という意味で使われます。 相の種類は色々あり、手相、人相、声相などと分類されており、ひとつにまとめて観相といいます。 後家とは, すなわち、旦那が先立って奥様がひとり残ること。 人の寿命に関することは占わないというのが多くの占い師のセオリーである。 掌から見る手相での後家相,顔から見る人相での後家相, 運命線が感情線より上にあるものは晩年の運勢を見ることになる。手のひらの上半分部分。その運命線がパックリ二股に分かれている人がいる。「後家相」をお持ちの方は、 ずばり、「男性運を駆逐する」とも云われています。 この「後家相」とは、「運命線が中指に一直線に切れずに濃くでている手相」をいいます。 頬骨が高いと未亡人になる,このように二股に分かれた運命線や高い頬骨は後家の相、旦那と離別する相となっている。 もっぱら、(運)気が強いというものは、伴侶の運気を食べます。つまり、男よりも女の方が気が強いと男の運気を喰らうことが問題なのです。 女が男の運気を食べてしまいますと、男は病気になったり、働けなくなります。自ずと短命になりますね。 女が強い家系は後家になりやすいです。 では、女が強い家系とは?そもそも、女の業が強いことを意味しています。 女が強い家系として、父が早く亡くなる、男兄弟で亡くなった人がいる場合は、女がやはり強く後家になりやすいです。 こういう方は早々に結婚してもご主人が早くに亡くなる可能性がありますね。後家の典型です。女の三権面とは いわゆる、女の三権面という人相判断の方法があります。三権面とは俗に言う後家相です。次のとおりです。 ○額が広すぎる○頬骨が高すぎる○口が大きすぎる,一つでも当てはまれば、あなたはかなり力のある女性で、社会的に活躍できる可能性があります。 しかしそのぶん、残念ながら結婚には縁遠くなるかもしれませんね。 行かず後家とは,適齢期を過ぎても嫁に行かない女性を嘲う言葉。 内助の功, 山内一豊と妻・千代 伝 山内 一豊(やまうち かずとよ) 天文14(1545)年(※1) - 慶長10(1605)年 戦国・安土桃山時代の武将。信長、秀吉、家康の三人に仕えた。 山内但馬守盛豊の二男(※2)として尾張に生まれる。 幼名は辰之助。元服後は、伊右衛門、一豊と名乗る。一豊は(かつとよ)とも。 山内 千代(やまうち ちよ) 山内一豊の妻。一豊を内助の功で支えた。 その内助の功によって、一豊は出世できたと言われている。賢妻として有名である。 浪人から土佐24万石の大名までの軌跡 山内一豊 一豊の父・盛豊は織田信安方に仕えていました。家老となり葉栗郡の黒田城を預かっていました。 一豊15歳の時、織田信長による岩倉城攻めにより、父が討死(※3)。城を追われ、織田浪人として流浪の時を過ごします。後に身を寄せた牧村政倫が信長の家臣となった頃、信長に仕えるようになったようです。 一豊は金ヶ崎、姉川の戦において活躍。矢が顔面を貫通するという深手を負いながらも、敵将を討ち取ったという逸話もあります。この手柄によって、秀吉の領国の一部を信長から与えられ、戦国武将・山内一豊としてスタートを切ったのです。 信長が倒れた本能寺の変の後は、秀吉に従いました。 天下統一後は播磨に大名として配置され、掛川城に入城(一豊48歳)。 城郭、城下町づくりや治水などに取り組み、掛川を発展させていきました。 秀吉亡き後は、早くから家康に忠誠を見せ、妻の助けもあって家康の信頼を得ていきました。 そして慶長5(1600)年、関ヶ原の戦いの後、一豊は土佐24万石へと大抜擢され、一国一城の主となったわけです。 妻・千代の内助の功 山内千代 山内一豊の妻・千代。生まれはいくつか説がありますが、近年裏づけ資料の発見などにより郡上八幡説が注目されており、有力かもしれません。 しかし、決定づける資料が十分揃っているわけでなく、はっきりとは言えません。 非常に教養高い人で、政治・外交的にも優れていました。 一豊没後もその政治・外交力を発揮していました。 まだ、一豊が織田家の一家臣でしかなかった頃、近く馬揃えがありました。馬揃えとは、簡単に言えば、近く行なわれる戦の前に、馬を一堂に集めてその検分をするもの。 その頃来た馬売りが連れてきた駿馬を見て、欲しいと思うが金がなかった。それをみかねた妻・千代は夫に何かあったらと父から嫁入りの時に渡された10両を一豊に渡した。 そして、一豊はその10両でその馬を買った。そのみごとな馬は信長の目をひき、感心も得ました。 秀吉の没後、権力争いの動きが見え始め、再び戦乱の世へと傾いていました。一豊は早くから家康に対して忠誠を見せていました。 関ヶ原の戦の前には、大阪にいる千代は、石田三成の監視下に置かれながらも夫・一豊に豊臣側の情報を送りました。 一豊は千代から自分はどうなってもいいから、家康に忠義をつくしなさいという内容の密書を受け取ります。千代はその密書を開封せずに家康に渡す事を言付けます。 一豊はその千代の言葉通り、開封することなく家康に密書を渡し、自分の忠義を示したのです。 この二つの逸話は有名で、千代の内助の功によって出世できたとも言われる所以です。 土佐入国~晩年 高知城 一国一城の主となった山内一豊ですが、土佐入国はそううまくはいきません。土佐は当時、長宗我部氏が治めていました。しかし、長宗我部氏は石田三成に味方し、敗北。家康から領土を取り上げられたのです。 長宗我部氏滅亡後、有力農民の下級武士「一領具足」達は浦戸城明け渡しを拒み、立てこもります。これを浦戸一揆といいます。一豊は弟である康豊を向かわせます。こと時、敗れた一領具足達273名は斬首となりました。 そして、鎮静したとみて土佐に入国。 まず土佐に入国した一豊は、馬の駆初めや相撲大会といったものを催し、民衆の不満をやわらげようとしました。また、相撲見物に来ていた一揆の残党を捕らえて処刑するなど国の統治を心がけました。 それでも、再び一揆は起こってしまいます。浦戸一揆より3年後、滝山一揆が起こりました。旧本山氏の一領具足の高石左馬助が主となり起きました。討伐軍が出されるのですが、左馬助たちの用意は周到で思わぬ反撃を受けてしまいます。討伐軍は作戦を変更し、その作戦は効果が大きく一揆勢を退却させることに成功しました。 一豊は入国した慶長6(1601)年から河中山城の築城を着手していました。一豊は自分と同じ背丈・格好の5人の影武者を連れ、工事視察をしたといいます。後に河中山は高智山と改名されます。この高智が、高知の由来だとされています。 孫子の兵法, 「敵を知り己を知れば百戦してあやうからず」「善く兵を用うる者は、道を修めて法を保つ」 「善く戦う者は、人に致して人に致されず」 「善く戦う者は、先ず勝つべからざるを為して、以て敵の勝つべきを待つ」 兵は国の大事にして、死生の地、存亡の道なり兵は詭道なり 智将は務めて敵に食む,兵は勝つことを貴び、久しきを貴ばず, 百戦百勝は善の善なるものにあらず,彼を知り己を知れば、百戦して殆うからず, 善く戦う者は、勝ち易きに勝つ,まず勝ちて後に戦う, 戦いは奇をもって勝つ,勢に求めて人に求めず,利をもって動かし、卒をもって待つ, 人を致して人に致されず,その守らざるところを攻める,兵に常勢なく、水に常形なし, 迂をもって直となす,疾きこと風ごとく徐かなること林のごとし,正々の旗を邀うる事なく堂々陣を撃つ事なし, 窮寇には迫ることなかれ,君命に受けざるところあり,必死は殺され、必生は捕虜となる, 利を見て進まざるは疲るるなり,しばしば賞するは苦しむなり,卒を見ること嬰児ごとし,彼を知り、己を知れば勝つ, 呉越同舟、相救う,始めは処女のごとく、後に脱兎のごとし, 利に合わせて動き、合わずして止む,いきどおりをもって戦いをいたすべからず,百金惜しみて敵の情を知らざる者は不仁の至り 聖智にあらざれば間を用いることかなわず, 釈迦はインドのシャカ族の王子でその名をゴーダマ・シッダルタといいましたが、出家し、菩提樹の下でこの世の真理に目覚めました。 釈迦は弟子たちから"釈尊"、"ブッダ"と呼ばれていました。ブッダ"とは"目覚めた人、真理(この世の道理)を悟った人"という意味になります。 仏の字は"ブツ"と読みます。もともとはインドの言葉であった"ブッダ"という言葉を漢字に当てはめ、仏陀と書いたのが"ほとけ"の始まりです。 釈迦が悟った真理は永遠不変の真理であるから、釈迦が出現する以前にも"仏(真理を悟った人)"はいるはずであり、また釈迦以後においても仏が出現する可能性があります。 釈迦は仏の一人にすぎず、仏教(仏陀の教え)とは、諸仏の教えなのです。 仏教には「仏陀の教え」と「仏陀になるための教え」という2つの側面があるのです。 つまり仏教は、仏陀の教えを学びそれを実践し、私たち自身も仏になることが期待されます。 釈迦が悟った真理 釈迦が菩提樹の下で悟ったのは「縁起」の理法であったとされます。釈迦はこの世の真理について次のように分析しました。 諸行無常(しょぎょうむじょう)一切の形成されたものは"無常"である。 この世に形あるある全てのものは、同じ状態を保っているものはない。不定であり、たえず変化している。 諸法無我(しょほうむが)一切の形成されたのものは"無我"である。この世に形ある全てのものは、私でもなければ、私のものでもない。実体はない (涅槃寂静(ねはんじゃくじょう)三法印 一切皆苦(いっさいかいく)一切の形成されたのものは"苦"である。 この世に形ある全てのものは、望んでも得られない、私の思うようにならない避けられない、苦しみである。 それは"いかなるものごとも独立して存在するのではなく、それぞれの原因と条件が相互に依存しあって存在している"からであり、自然の摂理によるところであると説いたのです。 これを 衆縁和合(しゅえんわごう)="縁起(因縁生起)"といいます。 釈迦は"人生は苦である(生きていくことは苦しみの連続である)"ことの原因は、そのすべてが「縁」によって「起こる」のであることを明らかにしました。・・・十二因縁 (じゅうにいんねん) 一つ一つが実体として存在しているものではなく、すべて縁によってあらわれてくるにすぎないと考えたのです。 この縁起の法が釈迦によって最もわかりやすく説かれたのが 「四諦(したい)」です。 一、 こは苦なり 二、 こは苦の生起なり 三、 こは苦の滅尽なり 四、 こは苦の滅尽にいたる道なり 「四諦」とは「苦諦(くたい)」「集諦(じったい)」「滅諦(めったい)」「道諦(どうたい)」の四つ。 「苦諦」とは"苦"に関する真理、人生とは本質的に"苦"であると説く。 第二の「集諦」は"原因"に関する真理で、苦の原因を明らかにする。 第三の「滅諦」は、原因の"消滅"に関する真理で、苦の原因である煩悩の消滅が苦の消滅である、と説く。 そして最後の「道諦」は、"実践(修行)"に関する真理、つまりいかにすれば苦の原因を取り除けるか、を説いています。 釈迦は、絶妙のバランス感覚とも言うべき「中道(ちゅうどう)」を説きさらに、苦を消滅させるために八つの正しい道「八正道(はっしょうどう)」を教示しています。 一、 正見  (しょうけん・正しいものの見方) 二、 正思惟 (しょうしゆい・正しい思索) 三、 正語  (しょうご・正しい言語活動) 四、 正業  (しょうぎょう・正しい身体的行為) 五、 正命  (しょうみょう・正しい生活) 六、 正精進 (しょうしょうじん・正しい努力) 七、 正念  (しょうねん・正しい注意力) 八、 正定  (しょうじょう・正しい精神統一) このような修行を積むことによって煩悩を克服し、その結果として"苦"を克服することができる、というのが釈迦の基本的な教えです。 我ありと執着するところに迷い・苦の根源がある"。 我思うゆえに我あり(デカルト)”と信じている、我さえもその存在を否定してしまうのだから、その我がもっている「苦」など存在しようがないのです。 これを釈迦は相手の理解力の程度や素質に応じて、臨機応変に説法の内容を変えて説きました。 「対機説法」「応病与薬」と呼ばれるやり方がこれです。 仏教の死後の世界観は基本的にインド人の考えたものです。 古代インド人は現世を六つの世界に分類し全ての世界は苦痛であるとしました。 (天・人間・修羅・畜生・餓鬼・地獄) そしてこの六つの世界を"六道"と呼び、人はこの六道を生まれ変わり死に変わりして輪廻転生を続ける、つまりわれわれは死後六道のいずれかに再生し、そこで苦しみまた輪廻転生して苦しみを続ける、といった、永遠に苦しみを続けねばならぬ存在であると古代インド人は考えていました。 そこで仏教はこのような輪廻転生の世界から永遠に脱出することを目指したのです。 この輪廻の世界への執着を断ち切って、この世から完全に脱出することを釈迦は教えました。 その脱出を「解脱(げだつ)」と呼び、解脱した状態(そういう世界ではない)を「涅槃(ねはん)」と呼びました。 釈迦は霊魂の有無、死後の世界という経験も論証も不可能な問題は、「無記」(むき・・善とも悪とも記述・説明がつかないこと)として退けたのです。 これは有名な「毒矢の喩え」によって一層明らかになります。 毒矢に射られた人が、矢を射た者はどこの種族か、名前は、弓の種類は、弦(つる)はなんの弦か、矢鏃(やじり)・矢の幹・羽はどんな種類のものから作られたか・・とそれが分からない間は毒矢を抜かずにいるとしたら、彼は毒がその間に体中にまわって死んでしまうだろう。 彼にとっては、毒矢を抜くことが生命を永らえる一大問題なのである。 霊魂の有無・滅不滅の問題を考えるよりも、先決問題であり一大事たる人の生きるべき真実の道を明らかにすべきである、と釈迦は教えたのです。 インドの地に釈迦が出現して仏教が創始されましたが、その仏教が日本に伝来してくるまでに千年以上の時間がたっています。 仏教は、インドから中央アジアを通って中国朝鮮へと伝わり、日本へ入ってきました。 その時間と空間の中で仏教は、大きな変化を遂げ、多種多様な仏教が成立しました。 日本において仏教は、その定着化の過程のなかで、在来の民間信仰に意味付けを与えて、積極的に仏教体系のなかに組み入れてきたといえます。 葬送儀礼は、中世以降、積極的に仏僧が葬儀に関与したために、仏教葬が基本的葬法となり、先祖供養の習俗が一般化して今日に繋がっています。 しかし日本仏教は系譜の上からはインド仏教、中国仏教につながってはいるが、教義レベルからでなく生活レベルから見るならば、日本の精神風土の土壌のなかで、在地の信仰・習俗と習合し、日本民族が育て上げた独自の宗教となっています。 したがって、表面は仏教信仰となっていても、その体系下に在来の信仰・習俗が息づいているのです。 お釈迦さま」は、紀元前5~6世紀頃、インドの北部(現在のネパール)に釈迦族の王子として生まれました。 さとりを開いた人=「ブッダ」とも呼ばれるお釈迦さまは、長い修行の末、人が生きるのにつきまとう苦しみのメカニズムを解き明し、苦しみから解放されるための智慧を、生涯を通じて人々へ伝えひろめました。 その“今をイキイキと生きるための智慧”は、「仏教」となり、現在もなお、約3億人もの人々の心の拠り所となっています。 お釈迦さまの教えには、「人々を苦しめている根本的な原因は何か」、「苦しみから解放されるにはどうすればよいのか」という一貫したテーマがあります。 全ての人が避けることのできない様々な悩みに対し、お釈迦さまは「生きることは苦に満ちている。それは、あらがいようのない真理である。だから、生きることが苦しいのは当たり前ともいえるのだ」と説かれています。これだけを聞くと、なんだか救いのない話のようですね。ですが、お釈迦さまが伝えたかったのはむしろ、その解決方法。苦しみから解放され、安らかに生きるための方法を、仏教の教えとして私たちに残してくださったのです。 仏教が目指す境地は「成仏」、つまり文字どおり〝仏に成る〟ことです。"仏"とは世の中の真理に目覚め(=さとり)心は何にも乱されず、その智慧を活かして人々の苦しみや悩みを解決しようとする人を指しています。仏教や成仏というと、お葬式や死後の世界などを連想される方もいるかと思います。しかし、お釈迦さまが繰り返し説いていた教えは、私たちがいのちを授かっているこの"現世"で、いかに悩みや苦しみから開放され、イキイキと生きるかということに尽きます。つまり、"今"をイキイキと生きるための智慧、それが仏教なのです。 仏教の出発点は、「一切皆苦(人生は思い通りにならない)」と知ることから始まります。なぜ苦しみが生まれるのでしょうか。仏教ではこの原因を、「諸行無常(すべてはうつり変わるもの )」で、「諸法無我(すべては繋がりの中で変化している)」という真理にあると考えます。これらを正しく理解したうえで、世の中を捉えることができれば、あらゆる現象に一喜一憂することなく心が安定した状態になる――。つまり、苦しみから解放される、とお釈迦さまは説かれています。これが、目指すべき「涅槃寂静(仏になるために仏教が目指す"さとり")」です。 少し難しく感じられるかもしれませんが、それぞれをご自身に当てはめて考えていくと、とても納得しやすいお話になるはずです。 一切皆苦―人生は思い通りにならない まず、お釈迦さまは、私たちの世界は自分の思い通りにならないことばかりである、という真理を説いています。仏教の「苦」とは、単に苦しいということではなく、「思い通りにならない」という意味です。この「苦」には、「四苦八苦」と呼ばれる八つの苦しみが挙げられます。 諸行無常―すべてはうつり変わるもの 世の中のあらゆるものは一定ではなく、絶えず変化し続けているという真理です。 世の中の物事は常に変化を繰り返し、同じ状態のものは何一つありません。それにも関らず、私たちはお金や物、地位や名誉、人間関係や自分の肉体に至るまで、様々なことを「変わらない」と思い込み、このままであってほしいと願ったりもします。それが、「執着」へとつながるのです。このような苦しみにとらわれないためには、ものごとは必ず変化するのだということ、全てが無常の存在であることを理解することが大切です。 諸法無我―すべては繋がりの中で変化している 全てのものごとは影響を及ぼし合う因果関係によって成り立っていて、他と関係なしに独立して存在するものなどない、という真理です。自分のいのちも、自分の財産も、全て自分のもののように思いますが、実はそうではありません。世の中のあらゆるものは、全てがお互いに影響を与え合って存在しています。自然環境と同じように、絶妙なバランスのうえに成り立っているのです。こう考えると、自分という存在すら主体的な自己として存在するものではなく、互いの関係のなかで"生かされている"存在であると気がつきます。 涅槃寂静―仏になるために仏教が目指す"さとり" これは、仏教の目指す苦のない"さとり"の境地を示しています。 仏教に限らず、あらゆる宗教は「どうしたらみんなが幸せになれるのか」を追求します。しかし、世の中は自分の思い通りにならないことばかり。そんなとき、人は自分以外のものに原因を求め、不満になり、怒りを抱くものです。仏教では、こうした怒りは全て、自分の心が生み出していると考えます。その原因となっているのが、疑い、誤ったものの見方、プライドや誇り、欲望などの「煩悩」。こうした煩悩を消し去り、安らかな心をもって生きることこそ「涅槃寂静」、つまり"さとり"の境地なのです。そこに到達するためには、先に挙げた"諸行無常""諸法無我"をきちんと理解することが大切です。あらゆる現象に一喜一憂することなく心が安定した状態になれば、結果として幸せに生きることができるのです。 では、思い通りにならない人生をイキイキと生きるためには、どうすればいいのでしょうか? その答えが、後述する「四諦八正道」という教えに示されています。これは、お釈迦さまが苦しみのメカニズムを説き明かし、煩悩をコントロールして生きる方法を具体的に示してくださったものです。 お釈迦さまは「生きるということは思い通りにならないものだから、執着を捨てなさい。執着を捨てれば涅槃に達することができるから、そのために修行をしなさい」と説かれているのです。 その修行として、「八正道」と呼ばれる8つの正しい道が挙げられています。 これらの8つの正しい行動を行うことが、苦しみから開放されるための修行なのです。 また、偏りがない正しさを「中道」といいます。仏教ではこの思想をとても大事にしており、一方に偏ってもう一方を疎かにすることなく、決して両極端のものに執着することなく、自分自身の安らかな心で迷いなく正しく生きることの大切さを伝えています。八正道は、苦しい修行でも楽な修行でもない、この「中道」の実践的な修行の道でもあるのです。 世の中のあらゆる出来事や物質は常に変化し、お互いに影響を与え合う相互関係にあります。ものごとには、必ずそれが起こった原因があります。原因に何かしらの関係が縁となって加わり、結果が生じ、報いがあるのです。一切の現象はこういった因縁の相互関係の上に成立しているので、絶対的なものや不変なものはあり得ません。このように、仏教の根本には、あらゆるものは関わり合って存在しているのだという、「縁起」という教えがあります。 もちろん自分自身も同じように「無我」であり「無常」です。そして、何一つ思い通りになるものはなく、望んだとしても完全に手に入れられるものなどありません。それにも関わらず、人間はありとあらゆるものごとへ不変を望み、そこへ執着してしまいます。 仏教では、このジレンマによって苦しみや悩みが生じると説いています。煩悩は因と縁があるから生まれるものであり、それらの原因を取り払えば、煩悩もなくなります。こう考えると、苦しみに満ちたこの世界は、全て人の心が生み出しているものといえますね。 安らかに生きるためにまず知るべきことは、「世の中には思い通りにならないことがたくさんある。自分にとって都合のいいことばかりは起こらない」という現実です。そこを出発点にして、自分や世の中を見つめて、苦しみや悩みを取り去る方法を探しましょう。 いろいろな縁(つながり)によって生かされている私 そこで大切なのは、ものごとにこだわらないこと、偏った見方をしないこと。さらに、この世の全てはお互いに関係しあい、つながっているのだということを理解すること。 世の中のあらゆるものが無常であると知っているから、一期一会の出会いを大切にし、自分をめぐる仕事や人間関係の一つひとつのことも丁寧に謙虚に愛情を込めて行うことができます。全てが縁起によって成り立つものだと知っているから、自分以外のものへ慈悲の心をもって接し、一瞬一瞬を尊く生きることができます。生かされている"いのち"で毎日を大切に生き、自分本位でなく周りへの思いやりを持って行動することは、苦しみの原因である執着をコントロールすることにもなります。 これが"今"をイキイキと生きるお釈迦さまの智慧です。お釈迦さまは、全ての人々を慈しみ、苦しみから逃れて幸せになれるようにと願い、このような教えを今に残されたのです。 外道とは, 1 仏語。仏教の信者からみて、仏教以外の教え。また、それを信じる者。⇔内道。 2 道理に背く考え。また、その考えをもつ者。邪道。 3 災いをなすもの。悪魔。また、邪悪な相をした仮面。「外道の面」 4 心のひねくれた人、邪悪な人をののしっていう語。 「もっともっと恥かしい、堕落した、—のやり口よ」 邪道とは, 正当でない方法。本筋から外れたやり方。また、よこしまな道。「金さえもうかればいいというやり方は邪道だ」「邪道に落ちる」 道理に合わない不正な仕方、方法。また、邪悪なおしえ。邪教や邪説。また、本来あるべきでないさま。不正なさま。 極道/獄道とは, 1 悪事を行ったり、酒色や道楽にふけったりすること。身持ちが悪く、素行のおさまらないこと。また、そういう人や、そのさま。「―な亭主」「―の限りを尽くす」 2 素行の悪い人をののしっていう語。 暴力団「その団体の構成員が集団的に又は常習的に暴力的に不法行為等を行うことを助長するおそれがある団体」 極道とは、本来仏教用語で仏法の道を極めた者という意味であり、高僧に対し極道者(ごくどうしゃ)と称し肯定的な意味を指すものである。 だが、日本では江戸時代より、弱いものを助け強い者を挫く、清水次郎長をはじめとした侠客を極めた人物を「極道者」と称えるようになったことから使用されるようになったとされる。 しかし、現在ではヤクザや暴力団構成員の同義語として使用される事がほとんどである。 また、明治期の落語や劇では、素行の落ち着かない者、就労せず遊んでいる者を、『極道』と呼ぶ。しかし遊び人を極道と呼ぶ事自体が少なく、何方かと言うとごろつきと呼ぶ方が多い。 柔道とは 徒手を主体とした攻撃・防御を行う武道の一種。練習することで心身を鍛錬し、 その力をもっとも有効に使用する道であると同時に、人間形成の道である、と創始者の嘉納治五郎(かのうじごろう)は説いている。 柔道は、1882年(明治15)に始まるが、その技術的な源は日本古来の徒手格闘である力競べや相撲(すもう)に求められる。 奈良・平安時代に武技奨励のため節会(せちえ)相撲が行われたが、やがて武士の戦場での組み討ちの術へと発達した。 16世紀ころから、この組み討ちの術がさらに発達し、捕縛の術や活殺の術が研究工夫された。妙手を発明し、それらの技術を組織だて体系化して、 門弟に教え、おのおのの流派を名のるようになった。初めは、組み討ち、鎧(よろい)組み討ち、小具足、捕手(とりて)、捕縛、腰の廻(まわ)り、白打(はくだ)、 拳法(けんぽう)、俰(やわら)、和術、柔術、体術などとよばれたが、やがてこれら無手または短い武器をもって、無手または武器をもっている相手を 攻撃・防御する術を総称して一般に柔術とよぶようになった。江戸時代にはさらに発展して、武士の武芸の一つとして修練され、隆盛を極め、多くの名人や達人が輩出した。 日本古来の柔術諸流派をもとに、明治15年(1882)嘉納治五郎によって創始された格闘技。心身を鍛練修養し、青少年の教育に貢献することを目的とした。 技は、投げ技・固め技・当て身技の3部門から成る。第二次大戦後、スポーツとして世界的に普及。 「礼に始まり礼に終わる」という精神の鍛錬, 「講道館」は、日本古来の柔術から「心身の力を最も有効に使う道」として柔道を生み出した嘉納治五郎によって設立されます。 嘉納治五郎は技の強さだけでなく、強い精神と社会に貢献する心構えを持つことが、真の柔道の強さだと唱えました。 「自他共栄」とは、相手に対し敬い、感謝することで、信頼し合い、助け合う心を育み、自分だけでなく他人と共に栄えある世の中にしようとすることです。 修行によって、身体と精神を鍛え上げ、自分のためだけでなく、周りの人を幸せにする勇気と行動力の基盤をつくること、これが講道館柔道の教えの基幹だと言えるでしょう。 空手道とは. 琉球(りゅうきゅう)国・沖縄県に発祥、伝承された武術。国内に普及する過程において日本武道の精神を継承し、「唐手」「空手」「空手道」のように表記も変化し、体系化されていった。 身体のあらゆる部位を有効に用いる武術・武道であることから、競技(スポーツ)、生涯武道(護身法・健康法)、学校武道(教育)など、身体文化として普及している。 空手道とは.ひとことでいえば人格完成を目指す「道」です。さまざまな種類の格闘技術と、「道」を求める武道のちがいは、礼節を尊ぶことにあります。もっといえば、礼節の尊重が、技術習得の前提なのです。 空手道の稽古において心身を練磨するのは、有形無形となって現れる人生の試練を乗り越えてゆく力をつけるためです。突き、蹴りで相手を圧倒することや試合での勝敗が、究極の目的ではありません。 技術のうえに、礼節に裏打ちされた心術が積み上げられてこそ、はじめて「空手道」といえます。 空手の発祥の地は古来、琉球と呼ばれていた沖縄です。その源流は、彼の地で古くから伝承されてきた独自の格闘技「テー」が、 14世紀後半に伝来した中国拳法の影響を受け、現在の形に発展したと考えられています。「空手」という名称の由来には諸説あります。 中国(唐)に学んだ拳法(テー)ゆえに、当初、「唐手(トーテー)」と呼ばれていたものが「カラ・テ」と読み替えられ、 その後、手に何の武器も持たないことを意味する「徒手空拳」の「空」が「唐」の字に置き換わり、「空手」になったとする説が一般的です。 剣道とは, 日本古来の武術の一つとして操刀の技法「太刀打ち(たちうち)」を中心に発展してきた剣術に基づいている。 礼節を非常に重んじるのが特徴。試合中に相手や審判に対し非礼な行為 (有名なものでは勝利後のガッツポーズ) があれば即座に一本の取り消しや反則などの厳しい罰則が下されたり、 剣道場に出入りする際は必ず一礼を行うという常識があったりする。 正座や座礼は基本の構え以上に基本であり、絶対に欠かせない。昇段審査においては、着装 (剣道着・袴・防具の着用の正しさ) も非常に重視される。 剣道は、剣の理法の修練による人間形成の道である。 合気道は、技を繰り返し稽古することで、いざという時、技を忘れ自然に出る様に訓練します。 また、合気道の生命である、丹田から発動する統一された力・呼吸力は、相手に反抗心・敵対心をおこさせません。 しかし、その訓練は、技を通しての精妙な中心力の養成と呼吸法による丹田開発が必須です。 焦らず・弛まず、稽古するためにも神仏を尊び、稽古相手を大切にしなければなりません。 小宇宙と言われる人体の謎に挑戦するのが合気道と言えます。関節の弱点を利用した押さえ技や投げ技を特色とする。 合気道の極意は、己を宇宙の働きと調和させ、己を宇宙そのものと一致させることにある。合気道の極意を会得した者は、 宇宙がその腹中にあり、「我は即ち宇宙」なのである。私はそのことを、武を通じて悟った。 合気道は、無抵抗主義である。無抵抗なるが故に、はじめから勝っているのだ。邪気ある人間、争う心のある人間は、はじめから負けているのである。 ではいかにしたら、己の邪気をはらい、心を清くして、宇宙森羅万象の活動と調和することができるかが大切。 茶道とは, 茶道の大成者千利休に対し、ある人が「茶道とは何ですか、教えてください」と尋ねました。 それに対し利休は 「茶は服のよきように点て」「炭は湯のわくように置き」「夏は涼しく冬は暖かに」 「花は野にあるように」「刻限は早めに」「降らずとも雨の用意」「相客に心せよ」 この七則がすべてですと応えました。 すると尋ねた人は怒って「そんなことくらいは、三才の赤子でもわかっております」と言いました。 すると利休は「わかっていてもできないのが人間ではないですか。あなたが本当にできるならば、私が弟子になりましょう」と言ったということです。 茶道の根本とはこのように、自然体のままで季節感を大切にし、「もてなし」と「しつらえ」を基本にした生活文化と言うことができます。 茶道とは、こうした精神を基本にして、客を招き、心をこめたもてなしをする二幕のドラマだと言うことができます。 それを現在では「茶事」と言っています。 茶事とは、前席と言われる一幕目に一汁三菜の懐石料理を客に供し、中立という幕間になって一度席を立ちます。 その後再び席に戻って二幕目がはじまります。後席という二幕目では濃茶と薄茶が点てられます。 茶道で主流の流派とあり、「表千家と裏千家の違い」は茶道初心者にとって気になる方も多いと思います。 結論から先に言うと、両派の違いは「作法」となります。 例えばお茶を点てる時に、「表千家は主に薄茶で泡は立てないが、裏千家は主に濃茶で泡を立てる」といった具合です。 書道とは, 書は心なり,書道とは、日本古来の筆記用具である、毛筆と墨を用いて、漢字や仮名文字を芸術的に表現する日本の伝統芸術の一つです。 文字を書く芸道。毛筆を使って文字を上手に書く術。書道はもともと中国で発達したもので、日本には6~7世紀頃の奈良時代に、筆・墨・紙の作り方と共に伝わりました。 筆と墨を使って文字を書く事は、貴族や武士にとって不可欠な教養とされ、時代と共に一般の人々の間にも広まりました。 現在でも、冠婚葬祭の行事や年賀状など、墨と筆を用いて字を書くというように、日本人の生活に根強く溶け込んでいます。 華道/花道とは, 四季折々の樹枝・草花などを切って花器に挿し、その姿の美しさ、いのちの尊さを表現し観賞する芸術です。 茶道などの他の諸芸と同様、礼儀作法を大切にする日本の伝統的な芸術です。 江戸時代に数寄屋造のために,立花と茶花が融合されて生花がおこり,家元制度のもとで形式化した。「花道」の語は,元禄時代の書にはじめてみられる。 明治時代以後,洋風の影響で盛花 (もりばな) が行われたが,華道は女性の教養として盛んになり,現在に至る。 武士道とは, 中世以降、日本の武士階級の間に発達した独得の倫理。禅宗や儒教に裏づけられて江戸時代に大成した。 「葉隠」のように、善悪・正不正を問わないで死を賭して主君に奉公する考え方と、山鹿素行のように、 主君・家来ともに儒教倫理に基礎をおいて振舞う士道の考え方とに分かれるが、狭義には前者をさすことがある。 忠孝・尚武・信義・節操・廉恥・礼儀などを重んじる。日本人の精神を支える倫理的な礎, 本来の武士道とはいうまでもなく戦闘者の思想です。「平和の民にはおよそ想像を超えた異様な道徳」を持ち、「明治武士道の説く『高貴な』忠君愛国思想とは、途方もなく異質なもの」 過激で、ある意味乱暴至極なものだったのです。周知のように首をはねる、耳をそぐ等が武功を明らかにするために行われました。 1.戦闘を本来の業とするものである。 2.妻子眷属を含めた独特の団体を形成し生活する。 3.私有の領地の維持・拡大を生活の基盤とし、かつ目的とする。 日本の武士階級に発達した道徳。鎌倉時代から発達し、江戸時代に儒学思想と結合して完成した。 忠誠・勇敢・犠牲・信義・廉恥・礼節・名誉・質素・情愛などを尊重した。士道。 『葉隠』は一般の武士を対象にした武士道論ではなく、藩主に仕える者の心構えと佐賀藩の歴史や習慣に関する知識を集めたものであった。江戸時代には公開が憚られ、 一部の人々にしか知られていなかった。 武士道と云ふは死ぬ事と見つけたり,毎朝毎夕、いつも死ぬつもりで行動し、いつも死身になっていれば、武道に自由を得、一生落度なく家職をまっとうすることができるのである。 『葉隠』は武士達に死を要求しているのではなく、武士として恥をかかずに生きて抜くために、死ぬ覚悟が不可欠と主張しているのであり、あくまでも武士の教訓(心構え)を説いたものであった。 武士道といふは死ぬ事と見付けたり。すなわち如何に美しく死ぬか、またそれは如何に美しく生きるかの逆説です。 あおり運転,煽り運転,あおり運転をする人の心理・傾向・性格の特徴 あおり運転は、道路を走行する自動車・バイクなどに対して周囲のドライバーが故意的に行動を妨害・威圧などを行い、危険な状態に追い込むことを言います。 幅寄せ、クラクションの乱用、物を投げつける、 低速運転などあおり運転の手法は様々です。どれも道路交通法違反に含まれ、場合によっては殺人未遂などの罪にも問われることもあるでしょう。 車を運転しており、時間に迫られている場合・急いでいる場合はあおり運転が発生する可能性が高くなります。 あおり運転を行った際に、あおられた方が途中で道を譲ってくれるような場合は別ですが、あおられると余計にゆっくりと車を走らせるような人だと、一層時間がかかってしまいます。 しかし、それでも行動に移してしまうほどストレスが強くなっている場合があるのです。 予想以外の行動に怒りを感じる, 自分が予想していた行動に反した運転をされた場合もあおり運転が発生する状況になりやすいといえます。 予想外の行動を行われた場合、あおり運転を行うドライバーは、「安全を脅かされた」と思い、突発的にストレスが上昇します。 このストレスが溜まった状態だと物事を適切に判断する力が鈍くなり、あおり運転に至ってしまうようです。 相手から攻撃されているように思えて反撃する, 相手ドライバーに悪気がなかったとしても、当のドライバーが「攻撃された」と感じた場合は、あおり運転が発生しやすくなります。 相手のドライバーが道路に障害物があり、少し避けたときなども、隣の車線を走行している車のドライバーは少しあおられたと勘違いしてカッとなり、あおり運転を行う場合もあるのです。 あおり運転を行う人の中には日頃、性格が穏やかな方も見られます。 これは、性格が豹変しているのではなく匿名性・安心感という2つの要因が大きく関係しています。 この2つの要因が存在することで「車に乗ってあおり運転を行う」という行為のハードルが低い状態となるのです。 匿名性, あおり運転をされている場合、同乗者がいない限り相手の顔を凝視することは難しいでしょう。 そのため、あおり運転を行っている人の心理としては「顔は見られない」という匿名感が働きます。 最近では、ドライブレコーダーの普及によりこの匿名性の効果は弱まってきていますが、それでもこの匿名性を盾にあおり運転を行う人が後を絶ちません。 安心感, 車という空間は狭く、自分だけの空間という意識が強く働きます。また、硬く大きな物(車)に体を覆われているということもあり、いつも以上に気持ちが強くなる傾向もあります。 この安心感が、あおり運転を行うハードルを大きく下げているのです。 また、大きな車や高級車に乗っている場合はより安心感が高まる傾向があるため、そういった車に乗っている場合は過剰に気持ちが高ぶらないように注意することが大切です。 あおり運転に限らず、車の運転で起こる事件の85%が怒りが原因であると言われています。 心を落ち着かせるために車を運転するという方もおられると思いますが、より冷静に運転することを意識してから運転を開始してください。 信号無視をする・スピードを出す、あおり運転をするという行為にストレスを解消する効果はほとんどありません。 交通ルールを犯すのは、反則金の支払いという行政処分のレベルで済むものもありますが、その範囲を超えると、刑罰が科される犯罪行為となり、あえて言えば殺人などと同じくくりです。 交通違反は見逃されている違反も多いため、軽視している方も多いと思いますが、違反点数6点未満の行政処分のレベルを超えれば犯罪として扱われるということ、命にも関わる可能性があるということをより意識してみてください。 ドライブレコーダーはとても有効, ドライブレコーダーの取り付けを済ませていない車もまだ一定数みられますが、 もしものためにも設置しておくことを強くおすすめします。 「自分は安全な運転を行っている」と思っていても、周囲のドライバーからするとストレスに感じていることもあるのです。 あおり運転や他の交通違反に巻き込まれないためにも、設置しておく方が良いでしょう。 最近では前と後ろ両方にドライブレコーダーを取り付けている車もあるほどです。 自分の正しい運転を証明するためにも、自分自身の運転を 適正なものにするためにも、1台につき1つはドライブレコーダーを取り付けてください。 あおり運転は、前方のクルマに接近してクルマを左右に揺らして、車速を上げたり進路を譲ることを迫るものです。 前方に回り込んで車速を落としたり、横に並んで幅寄せする行為と同様、クルマを使って相手のドライバーを威嚇する行為で、とても運転と言えるものではありません。 ちなみに歩行者や自転車、オートバイなどに幅寄せ行為などを行なうと暴行罪が適用されることがあります。たとえ接触していなくても、金属バットを振り回しているのと同じで非常に危険な行為だからです。あおり運転についても社会問題化している現在、悪質と認められれば暴行罪で逮捕される可能性も出てきました。 このあおり運転などをしてしまうのには、心理学で言う「ドレス効果」が影響しています。「ドレス効果」というのは、人は普段着を着ている時とドレスを着ている時には立ち振る舞いが自然と変わってしまうことを言い表したものです。 ハンドルを握ると性格が変わる、と言われているドライバーは、このドレス効果に操られてしまっている傾向が強い、ということになります。 そもそも粗暴な性格の方もいるでしょうから、すべてのドライバーがドレス効果によって運転が荒っぽくなっているとは言い切れませんが(粗暴な人はいっそう荒っぽくなる?)、クルマによって自分が守られ力を得たことで外部に対して、強気の態度を取ってしまうのはドレス効果による仕業が大きいのです。 このところ厳つい顔つきのミニバンや軽自動車が増えているのは、そんなドレス効果に深層心理で惹き付けられるユーザーを取り込もうという自動車メーカーの策略の1つでもあると、言えるでしょう。 気違いとは, 暴言,陰口悪口, 気がおかしい状態の人、気の狂った人。常に興奮していて、叫んだり怒ったり泣いたりしやすい,, 精神状態が普通でなく、正常ではない言動をすること。気が狂うこと。異常に熱中すること。 発狂した人間、端的に状態が著しく常軌を逸した人間を指す。漢字では気違い、気狂いと表記する。また、気が違う、気が狂う、気がふれる、狂人(きょうじん)、キチガイ、キ印(キじるしとも表現する。インターネットスラングでは基地外,Mad, Lunatic, 精神が異常にみだれること。また、そのような人, 発狂した人間、端的に状態が著しく常軌を逸した人間を指す。漢字では気違い、気狂いと表記する。 精神障がい者,マル精,発狂する、気が狂っている人を揶揄する語。 クレイジー,Crazy, 統合失調症, 統合失調症は、幻覚や妄想といった精神病症状や意欲・自発性の低下などの機能低下、認知機能低下などを主症状とする精神疾患です。主に思春期から青年期にかけて発症し、男女比は概ね1:1とされていますが、男性のほうが重症化しやすいことが指摘されています。 世界中のさまざまな地域で100人に1人ほどが発症すると考えられており、決してまれな疾患ではありません。 統合失調症の原因は、明らかになっていません。治療では、薬物療法や、認知行動療法などの心理社会療法が行われます。 統合失調症とは?-幻覚・妄想だけでなく多彩な症状をあらわす病気1 精神状態が普通でなく、正常ではない言動をすること。気が狂うこと。 知能が低いこと。知能の発育が遅れていること。低能」は「精神病と健康の中間状態 神経病時代,脳の発育が悪いために多くは低能になる,知的障害,社会生活に適応する能力に制限がある状態,知的能力障害群,精神遅滞,発達障害.無知, 知的障害とは、発達期(幼少期から青年期)に生じ、読み書きや数学、論理的思考、知識や問題解決といった概念的領域、対人コミュニケーションや社会的判断、自己制御などの社会的領域、金銭管理や行動の管理などの実用的領域という、3つの領域における知的機能と適応機能の双方に明らかな制約が見られることで特徴づけられる障害です,知能が劣り愚かなこと,馬鹿, 記憶力・理解力などが人と比べて劣っていること,馬鹿と鋏は使いよう,愚かな者でも、うまく使えば、役に立つということ,馬鹿は風邪を引かない, 知能が劣り愚かなこと,社会的な常識にひどく欠けていること,馬鹿野郎,大清水高山,暴言,陰口悪口,気違い花,本来咲くはずのない時節に咲く花。狂い咲きの花。 ヒステリーとは,ヒステリー【(ドイツ)Hysterie】 転換性障害・解離性障害,ヒステリー性障害,感情の抑制が効かず爆発的に怒ったり暴れたりする,さまざまな感情的葛藤(かっとう)が原因となって起こる一種の神経症。 実際に病気ではないのに痛みや運動・知覚の麻痺(まひ)、発熱・嘔吐(おうと)などのほか、健忘などの精神症状を訴えるもの。 一般に女性に多いといわれたが、男性にもみられる。 ヒステリーの語源は、ギリシャ語のヒステリアから来ています。ヒステリアは、女性特有の臓器である子宮を意味する言葉,興奮して激しく泣き、怒る様, ヒステリー女の特徴,すぐ怒る「ヒステリー女,理不尽に怒鳴る,自分の感情をコントロールできず突如発狂する,ヒステリー女の特徴,怒り出すと包丁を振り回す人,自己承認欲求が強い, 周囲に認められていない自分を認めるのは困難なこと,ヒステリー女は不満を抱いてしまいます,不満が積もりに積もった結果、機嫌を損ねてしまう,感情の起伏が激しい,コントロールできません。 女性ホルモンが挙げられます。生理前や更年期は、何かと情緒が不安定になりがちな時期です。情緒不安定で自分の感情をコントロールできないがため,ヒステリーの症状も現れやすいのです。 ヒステリー女の場合、イライラした気持ちを物にぶつけることが多々あります。抑えきれないほどイライラして、物を投げたり、物を使って音を立てたりするのです。このように物に当たった結果、 大切な物を壊してしまうというのもあるあるな行動の一つでしょう。強い不安感を抱いている,大半のヒステリー女には、抱いている不安感が人一倍強いという特徴もある, 完全に心の余裕を失ってしまう,ネガティブな発言をする,自分の非を認めない,思い込みが激しい,わがままな言動をする,自分を過大評価しているタイプのヒステリー女もいます, 嫉妬心が強い,些細なことが原因で、嫉妬心が生まれやすい,怒り出すヒステリー女,ヒステリー女は、自らの言動が原因で相手に恐怖心を抱かせることも多々あります。理不尽,怒鳴り散らす, ヒステリー女は、TPOをわきまえることができないことも多々ある,怒りで物を投げつけてくる,怒り出すと暴言を吐く,ヒステリー女と関わり合うほど、怒りの矛先が自分に向いてしまう頻度も増加します。 怒られる度に、ストレスも蓄積する一方です。関わり合いを持たないことが最善の対処法です,不機嫌になった結果、相手を怒鳴り散らす,ヒステリー女が怒っている時は,本人自身が感情的になっています, 理詰めで反論しない,怒りの感情で支配されているため、論理的に諭しても無意味,解離性同一性障害,ヒステリー性格,ヒステリー精神病,一種の神経症,未熟な性格の人におこる神経症,小児症,精神病, 虚言癖とは, 人は誰でも多かれ少なかれ、嘘をつくものです。そして、嘘をついた方が人間関係がうまくいったり、嘘をつかざるを得ない場面もあるでしょう。 とは言っても、あまりにも嘘ばかり言う人は、次第に周りからの信頼を失っていきます。 虚言癖が行き過ぎるとだんだんと病的になってくる傾向があります。 劣等感が強く、自信がない,虚言癖の人は、「周りに認めてほしい」という気持ちを人よりも強く持っています。 嘘をついているという自覚がうすく、悪気がない,人を傷つける嘘をついても平気,つじつまが合わなくても気にしない, 中でも、あなた一人だけ虚言癖に気づき、周囲は気づいていない場合は厄介です。虚言癖の人はとにかく口がうまいので、下手をするとあなたが嘘つき扱いされてしまう可能性があります。 そのため、相手に虚言癖があることに気づいたら、できるだけ距離を取るのがおすすめです。嘘で塗り固めた人生, 虚言癖(きょげんへき)とは、どうしても嘘をついてしまう人間の性質をあらわす専門用語で、1891年にドイツの心理学者アントン・デルブリュック(Anton Delbrück)によって提唱された。 口を開けば嘘ばかり。誰が聞いても分かるような嘘をついて平然と笑っている虚言癖がある人。 虚言とは、「自分の頭の中で妄想で作りだした、人を騙すためにつく嘘」のことです。虚言癖とは、作り話で意図的に他人を騙そうとして嘘をつく子どもじみた行為のことを言います。分かりやすく言えば「嘘つき」のことです。 虚言癖の人は自分がほかの人よりも能力的に、また人間的に劣っていることを誰よりもよく分かっています。しかしそんな自分の本当の姿を周りの人には知られたくないと考えています。 弱点を見せたくないという理由のために、嘘で自分を大きく見せることもあります。ある意味コンプレックスの塊のような人だと言えるかもしれません。 虚言癖の人は仲の悪い人や嫌いな人の事実無根の悪い嘘を言いふらして、その立場をおとしめてやりたいと考えることもあるようです。虚言癖のある人にターゲットにされてしまうとすごく厄介ですね。 話を聞いている人もどこまで本当でどこから嘘なのか分からず困惑してしまうこともあるでしょう。 思いやりがない, 虚言癖の人は基本的に自分や家族、恋人、親友以外の人には思いやりがありません。「これを言えば相手は困るかもしれないな」などと気遣うこともないでしょう。 虚言癖の人の話はほとんどすべてが自分の話で中身がありません。気分が悪い話も多くて、どこか冷たい雰囲気を感じてしまうこともあるでしょう。 嘘吐きは泥棒の始まり,嘘で固める,歪んだ人生,大清水高山,占い師,大清水高山, 巨乳とは, 巨乳とは大きいおっぱいのこと。 巨乳は皆の夢が詰まってるから大きいんだ, 女性の乳房に性的魅力の代表となり始めたころはCカップやDカップでも巨乳として扱われていたが、近年ではEカップやFカップ辺りからを指すことが多くなった。 現実においては一般的にEカップ前後を基準とし、巨乳とみられることが多い。 カップ数はトップとアンダーの差から導き出されるので、カップは同じであってもボリュームが違うことは多い。身長の高さなども関係するため、小さいように見えてカップ数は大きい, 大きいように見えてカップ数は小さいなど、乳のサイズに対する勘違いは少なくない。 大きくなればなるほど、垂れる恐怖と向き合うことになる, 貧乳とは, ひん‐にゅう【貧乳】 の解説, 俗に、女性の乳房が小さいこと。 また、その女性。 ぺちゃぱい。 「貧しい乳」と書いて「貧乳」である。直接的な対義語は「豊かな乳」と書く「豊乳」。 類義語には「小乳」「微乳」などがある。またそちらの対義語も「巨乳」「爆乳」など多い。 貧乳は「乳は大きい方が良い」という人の考えから発祥した言葉であり、世の中には貧乳を拒み大きな胸を喜ぶ風潮がある。 自分から小さな胸を望む女性は少ないが、子供の頃から巨乳でからかわれて恥ずかしかった人や、アスリートで邪魔になる人などは、削乳手術を希望する人もいる。 なお、成人日本女性でAカップ以下は1割程度だが、Bカップまで含めると4割近くなり、Cカップまで含めると過半数になる。 貧乳コンプレックスで自信を無くす, オカマとは, おかま(オカマ、英: Okama)とは、日本における女装男性を含めた一部の男性同性愛者を指す名称(蔑称、差別用語)である。 オカマ,ニューハーフ,男性なのに心が女性である人や女装が趣味な人はオカマと呼ばれる,「オカマ」は元々は肛門を意味する江戸時代の俗語であり, 転じてアナルセックスをする・される(おカマを掘る・掘られる)こともある女装をする男娼を指し, 1980年代頃から女性的な男性全般(非同性愛者含む)への名称(蔑称)になった[3]。なお、江戸時代には「おかまを割る」とも言った, ブスとは, ブス - 容姿が劣ることを指す侮蔑的な日本の俗語,不細工,容姿や見た目が醜い様子を指す, 醜女 (しゅうじょ・しこめ) ,醜い女性の顔。また、その女性。女性をののしっていう語, ブスの意味,「ブス」という言葉が「不美人」という意味になったのか疑問を持ち、調べてみた。 「ブス」という言葉は、昔から有る言葉で、漢字では、附子と書く。附子とは、植物のトリカブトからとった毒のことである。 トリカブトの毒に当たると、苦しさで顔が歪む。その歪んだ顔と不美人を結びつけ、不美人=ブスに成ったようである。 それ以来、ブスは、不美人という意味が優先しているようである。性格ブスは救えない, 性格ブス,店員への態度が冷たい時『自分の前でいくらぶりっ子してても店員に冷たかったら意味ないです』 自分の前でおならをした時『女を捨てた姿を見ると、これが本性なんだなと思う』出たなバケモノ!,性格ブスな人が得意なこと, それは人の悪口を言うこと!陰口や悪口は百害あって一利なし! 性格ブスの始まりです。性格ブスとは、 容姿の問題から考え方が卑屈になっている人のこと。 ヒステリー女とは, 解離性障害か不安になる…ヒステリー女の原因や特徴、ヒステリー女の対処法,気に入らないことがあると大声で怒鳴り散らしたり、 突然激しく感情をぶつけてきたりする「ヒステリー女」。そんな「ヒステリー女」の行動にドン引きした経験がある男性もいるのではないですか。 さまざまな感情的葛藤 (かっとう) が原因となって起こる一種の神経症。実際に病気ではないのに痛みや運動・ 知覚の麻痺 (まひ) 、発熱・嘔吐(おうと) などのほか、健忘などの精神障害を訴えるもの。一般に女性に多いといわれたが、男性にもみられる。 感情を統御できず、激しい興奮・怒り・悲しみなどをむき出しにした状態。ヒス。「ヒステリーを起こす」 ヒステリー症状が男性より女性に多いと思われる原因とは,脳の構造が違うため,脳には「脳梁(のうりょう)」と呼ばれる神経線維の束があり、左右の脳をつないでいます。 この脳梁が女性の方が太く情報交換が活発なことから、感情を言葉に出しやすくヒステリーを起こしやすいという考えがあります。 ヒステリーな女性は不安症で嫉妬深いことが多くあります,ヒステリーになる女性は自己愛や承認欲求が強い傾向があります。 そのため、自分は特別な存在だと認めて欲しい気持ちがあり、その思いが叶わなかったときに相手に強く当たってしまうことがあります。 不安感や嫉妬、承認欲求の強さなどは、自分に自信がないことからきているケースもあります。常に誰かに見てもらっていないと安心できず、 相手の立場を考えずに気持ちを押し出してしまいます。強気な言葉だけでなく、物の扱い方が悪くて行動が荒いのもヒステリー女の特徴です。 感情の起伏が激しく怒りっぽいヒステリーな女性は気分をコントロールできないため、感情をむき出しにします。 楽しんでいると思ったらちょっとしたことで泣き出したり、人前でも関係なく大声で怒りはじめたりします。普通の人では考えられないほど、 尋常じゃない怒りをぶつけてくるのもヒステリー女の特徴です。ヒステリー女と出会ったときの一番の対処方法は、極力関わらないことです。 ヒステリーな性格を持った女性と関わってしまうと、感情をぶつけられたり余計な気遣いをしたりするなど面倒な場面が多々あります。 関わりを持つ前にその場を立ち去るのがおすすめです。ヒステリーな女性は感情の起伏が激しく、一緒にいると疲れてしまうことがあります。 感情を抑えられず、怒りや悲しみなどをそのまま出すことを「ヒステリー」と呼ぶ ヒステリーは精神症を表す言葉で、近年では「転換性障害」「解離性障害」などと呼ばれている,ヒステリー女は嫉妬深い・自己愛が強い・感情の起伏が激しいなどの特徴がある, ヒステリー女と出会ったら極力関わらないことがおすすめ, 自己肯定感とは, 自尊感情(Self Esteem)、自己存在感、 自己効力感などの言葉とほぼ同じ意味合いで使われてい ます。 自己肯定感が高い子どもとは、「自分が価値のある存在 である」と感じていたり、自分に自信がある子どもだと いえます。 その特徴としては、様々な物事に取り組む意 欲が高いことがあげられます。 自己肯定感が低い人の特徴, 自分はダメだ」「どうせこうだ」など自己否定や罪悪感が強い傾向にあります。人と自分を比べては落ち込み、他人に評価されないと常に不安で、 他人の評価で自分の価値を判断してしまうのです。中にはたったひとつの失敗で自己価値まで否定してしまうことも。 ほかの人に対して否定的、批判的な視点ばかりになってしまいます。物事に対して否定的に受け止めやすく、家族関係や会社の人間関係において トラブルを起こしやすい特徴があるのです。日頃から生きにくさを感じるでしょう。 人をジャッジする, 客観的な視点からの意見ではなく「あの人はこうだ」など、ほかの人を良い悪いとジャッジしてしまう傾向にある上、自分がジャッジされる不安もあります。 人を批判して常に自分を正当化していないと不安になってしまうのです。 一生懸命取り組むことができない, 常に、自分はだめだ、人より劣っているなどと自己否定的になっているため、自信がなく、物事を誠実に真剣に取り組むモチベーションが低いです。 真剣に取り組んで結果が出なかったときの自分が受け入れられません。 自己顕示欲が激しい, 自慢話ばかりをして、ほかの人より優位に立ちたがる傾向にあります。また他人からの評価にとても敏感で、人の批判もしたがるのです。 自分で自分を認められないため心が満たされず、他人から認めてほしいといった気持ちが強くあります。 なぜ自己肯定感は低くなるのか?, 自己肯定感が低くなる原因は、幼少期の環境が大きいとされています。自己肯定感は3、4歳までに決定するとされており、 その間に親が子どもにどんな言葉をかけたか、育てたかなどが作用するといわれているのです。 子どものときに周囲から認められない、親の怒りの感情をぶつけられた、周囲の大人にトラブルが多いなどの体験を多く重ねるうちに、 自己肯定感は次第に低くなってしまうとされています。 成功体験を積み重ねる, 小さい成功体験を多く積み重ねると、一層「自分の価値」を認められるようになります。できないことができるようになるのは、うれしいもの。 いくつもの成功体験によって達成感や自信が得られると、自己肯定感は徐々に高まります。 自分を信じる, 「自分が自分を肯定する」「環境を変える、人間関係を見直す」「自分は自分の味方でいる」「自分の価値を自分が認める」「成功体験を積み重ねる」 この1~5ステップの継続が、自己肯定感を高めることにつながります。 繰り返していくうちに「自分は大丈夫」と、前向きな気持ちが出てくるでしょう。そうしたら自分を尊重し、肯定的に見ているその「自分を信じる」 気持ちをさらに積み重ねていくと、自己肯定感はどんどん高まります。 自己肯定感の低い人ほど悪口を言う傾向にあるのです。自己肯定感が低い人は、自分に自信が無いため人の悪口をたくさん言います 逆に自己肯定感が高い人は、そもそも他人と自分を比べる事が少ないです, 精神病とは, 精神病は一般に精神疾患を指す意味で使われることのある言葉ですが、厳密には精神疾患の中でも幻覚や妄想などの症状がある疾患群を指します。 発症の原因はよくわかっていないが、100人に1人弱かかる、比較的一般的な病気である。 「幻覚」や「妄想」が特徴的な症状だが、その他にも様々な生活のしづらさが障害として表れることが知られている。 実態がなく他人には認識できないが、本人には感じ取れる感覚のこと。なかでも、自分の悪口やうわさ、指図する声等が聞こえる幻聴が多い。 明らかに誤った内容を信じてしまい、周りが訂正しようとしても受け入れられない考えのこと。誰かにいやがらせをされているという被害妄想、 周囲のことが何でも自分に関係しているように思える関係妄想などがある。 陰性症状 意欲が低下し、以前からの趣味や楽しみにしていたことに興味を示さなくなる。 疲れやすく集中力が保てず、人づきあいを避け引きこもりがちになる。入浴や着替えなど清潔を保つことが苦手となる。など, 認知や行動の障害 考えがまとまりにくく何が言いたいのか分からなくなる。相手の話の内容がつかめず、周囲にうまく合わせることができない。 てんかん,何らかの原因で、一時的に脳の一部が過剰に興奮することにより、発作が起きる。 発作には、けいれんを伴うもの、突然意識を失うもの、意識はあるが認知の変化を伴うものなど、様々なタイプのものがある。 統合失調症は、考えや気持ちがまとまらなくなる状態が続く精神疾患で、その原因は脳の機能にあると考えられています。約100 人に1 人がかかるといわれており、決して特殊な病気ではありません。 思春期から40歳くらいまでに発病しやすい病気です。薬や精神科リハビリテーションなどの治療によって回復することができます。 統合失調症の原因はまだはっきりとわかっていませんが、脳内で情報を伝える神経伝達物質のバランスがくずれることが関係しているのではないかといわれています。また、大きなストレスがかかることなども関係あるようです。 遺伝子も関与しているといわれていますが、単純に遺伝子だけの問題ではなく、さまざまな要因が関与していると考えられています。 記憶力の低下,物事を覚えるのに時間がかかるようになる。 集中力の低下,目の前の仕事や勉強に集中したり、考えをまとめたりすることができなくなる。判断力の低下物事に優先順位をつけてやるべきことを判断したり、計画を立てたりすることができなくなる。 幻覚や妄想など不思議な体験をするので、自分の中で何かが変だと感じながらも、自分が病気だと思えず、他人から見ておかしな行動をすることがあります。 また、周りの出来事に敏感になり、不安や緊張を強く感じたりします。精神に異常をきたした状態を総称して精神障害とよぶが、そのなかの一部をとくに精神病とよぶことがある。 したがって、精神病は精神障害よりは狭い概念である。神経症でも強い反応を呈する場合には精神症状も激越のこともあり、 両者の区別を症状の重症度で分けることはかならずしも容易ではない。一般には脳が直接、間接に、器質性あるいは機能性に障害され、幻覚、妄想、人格変化などの症状を呈する場合を精神病といい、 内因性精神病、器質精神病、症状精神病などとよばれるものがこれに相当するといえよう。一般には精神の異常ないし病的状態の総称。狭義には上記の定義から,精神発達遅滞,性格異常,神経症などを除き, 人格の変化や不統一などを呈して精神の全体的異常状態にあるものをさす。 狭義の精神病で,原因が今日なお不明であると考えられているものは,統合失調症(精神分裂病)と躁鬱(そううつ)病の二大精神病など,脳および身体に明らかな器質的変化がみられるものには進行麻痺(まひ), 脳梅毒などがある。そのほか麻薬,アルコール,重金属などの中毒性精神病などがある。 恥を知らねば恥かず,とは, 恥を恥と思わない者は、どんなに恥ずかしいことも平気でやる。恥を知らないことこそ、真の恥だということ。 赤恥をかく(あかはじをかく)人前でひどく恥ずかしい思いをする。 「赤恥」は、「恥」を強めた言い方。生き恥を曝す(いきはじをさらす)生きながらえたために恥をかくこと。 命長ければ恥多し(いのちながければはじおおし)長く生きていれば、それだけ恥をかく事も多くなるということ。「長生きは恥多し」ともいう。会稽の恥(かいけいのはじ)戦いに敗れて受けた恥のこと。また、他人から受けた耐え難い屈辱のこと。 中国の春秋時代、越王の勾践が呉王の夫差と会稽山で戦って敗北した。その後、勾践は長年の苦労に耐え、夫差に復讐をとげてその恥を雪いだという故事から。会稽の恥を雪ぐ(かいけいのはじをすすぐ)戦いに敗れた屈辱、または人から受けた忘れることが出来ない屈辱を晴らすこと。 下問を恥じず(かもんをはじず)身分や年齢の低い者に物事を尋ねることを、恥ずかしいとか体裁が悪いと思わず、素直に聞くという姿勢が大切だということ。 「知」を含むことわざ, 人は生活にゆとりができて、初めて礼儀や節度をわきまえるようになるということ。,
AHREF